ニュース
NEWS

東京和僑会オープンフォーラム~日本・台湾経営者団体の共働(協働)を見据えた大交流会~

更新日:2022/08/24
イベント

When:
2022/09/28 @ 16:30 – 21:00
2022-09-28T16:30:00+09:00
2022-09-28T21:00:00+09:00
5月25日に日本・台湾経営者交流会を開催し、今後継続的に在日台湾華僑経営者と絆を深め、グローバルな展開において共働(協働)していく強力なパートナー同志に育てていきたいと思います。そこで今回のオープンフォーラムでは、和僑会以外の経営者団体も参画し、日本・台湾経営者団体の連合体で開催致します。
台湾の烏山頭(うさんとう)ダムの建設に人生を捧げた「台湾で最も尊敬されている日本人」八田與一氏の孫八田修一氏による基調講演や各経営者団体とのパネルディスカッションなど絆創りを軸とした交流イベントです。是非、会社のスタッフ、ご友人経営者もお誘い頂きご参加下さい。
————————————————————————–
◇9/28東京和僑会 オープンフォーラム◇
~日本・台湾経営者団体の共働(協働)を見据えた大交流会~
————————————————————————–
■申込み方法:下記のURLよりお申込み下さい。↓
https://forms.gle/iC7M8Un9hzW67rT2A
■日時:2022年9月28日(水) 16:30-21:00  *16:00より受付
■会場:AP東京八重洲 11F https://goo.gl/maps/VFzwd14XQiKhpdYRA
東京都中央区京橋1-10-7 KPP八重洲ビル
TEL:03-6228-8109
*東京駅八重洲中央口より徒歩6分
■プログラム(予定):
・16:00-16:30 受付
・16:30-16:40 司会挨拶(オープンフォーラムの主旨説明)
・16:40-16:50 主催者挨拶
・16:50-18:20 基調講話: 「日本と台湾の絆を紡いだ土木技師 八田與一」
八田與一氏の孫、(一社)台湾世界遺産登録応援会 代表理事 八田修一氏
https://wh-taiwan.com/
・18:30-19:00 各経営者団体の紹介
・19:00-19:10 記念写真
・19:10-19:20 乾杯
<会食>
・20:00-20:30 パネルディスカッション
<会食>
・21:00     閉会の挨拶
■参加費用:
●東京和僑会会員(海外和僑会会員):@9,000円
*会員の同伴者3名は、会員価格でご参加出来ます。東京和僑会に関心のある方をお誘い下さい。
●一般:@13,000円
■募集人数:約150名
(注)和僑会会員関連は50名限定とさせて頂きますのでお早めにお申し込み下さい。
■支払方法:前振込となっております。(振込先は追ってご連絡致します)
(注)お振込みを頂いた方から順番に予約確定とさせて頂きます。
■申込期限:2022年7月31日
■キャンセルポリシー:9月15日以降のキャンセルはご返金出来ませんのでご了承下さい。
欠席される方はどなたか代理でご出席頂きますようお願い致します。
(注)新型コロナウイルスの感染状況によって変更又は中止になる場合がございます。日本政府のガイドラインに則って判断させて頂きますのでご了承下さい。
■主催:(一社)東京和僑会http://tyo-wakyo.com/
その他
■共催:一般社団法人感動物語コンテスト普及協会・アジア太平洋ルネッサンス協会(APRA)https://apra.jp/
その他
■協力機関:未定
■講演者プロフィール:
●八田 修一 氏(はった しゅういち)
(一社)台湾世界遺産登録応援会 代表理事https://wh-taiwan.com/
(一財)台湾協会評議員、トヨタ自動車㈱元社員
昭和32年東京都生まれ、1930年に台湾で烏山頭ダムと嘉南大圳を建設した土木技師八田與一の孫。2006年父帰寂後は毎年5月8日に現地で催される與一慰霊祭に参列。2009年より日台交流の絆づくりに向けて講演活動を始め、台湾大学、台北市日本商工会、台湾文化センター(東京虎ノ門)、土木学会、名古屋市鶴舞中央図書館などで講演会多数。講演では祖父のダム建設に懸ける土木技術者としての覚悟を通じて日本人が大切にしてきた生き方、「日本精神」の重要性を現代の日本人に問いかける。
■八田與一 氏(はった よいち)「台湾で最も尊敬されている日本人」
明治19年(1886)年~昭和17年(1942)年石川県金沢市今町生まれ
明治43年(1910)東京帝国大学工科大学 土木工学科 卒業、渡台湾
https://ja.wikipedia.org/…/%E5%85%AB%E7%94%B0%E8%88%87…
台湾で不毛の大地と呼ばれていた嘉南(かなん)平原に、堰堤長1,273mという当時では東洋一の規模である「烏山頭(うさんとう)ダム」と、総延長16,000kmにおよぶ給排水路を完成させました。その成果によって、嘉南平原は台湾一の穀倉地帯となりました。
台湾では、このダムと給排水路をあわせて「嘉南大圳(かなんたいしゅう)」と呼んでおり、與一氏は「嘉南大圳の父」として、現在でも台湾で多くの人々に慕われ続けています。
■申込み方法:下記のURLよりお申込み下さい。↓
https://forms.gle/iC7M8Un9hzW67rT2A
ご不明な点がございましたらお気軽に東京和僑会事務局までお問い合わせ下さい。
« 戻る